公開日: |最終更新日時:

賃貸管理会社との上手な付き合い方

賃貸経営をスムーズに進めるためには、賃貸管理会社と良好な関係を築いていくことが大切です。そこでこの記事では、管理会社と上手く付き合っていくためにはどうすれば良いのか、という点を紹介します。

賃貸管理会社の業務内容を確認する

賃貸管理会社との良好な関係を築く最初のステップとしては、「どのような業務内容を手がけているのか」という点を理解することです。
どのような業務に対応しているのかという点を理解しておけば、どこまで管理会社が対応してくれるのか、どこからは自分で対応しなければならないのかという点がわかります。この点がわからないと、「管理会社がしっかりとやってくれない」という不満やストレスに繋がってしまいます。
まずは、どのような業務を対応しているのか、そしてどのような契約を結んでいるのかをしっかりと確認しておきましょう。

嫌われるような行動を取らない

また、管理会社には手数料を支払っているからといって、上から目線で接するような態度はNGです。大切なのは、管理会社をビジネスパートナーとして尊重すること。賃貸経営を成功させるという目的に向かって、一緒に取り組んでいく存在なので、管理会社が嫌だと感じるような行動をしないことも大切です。
管理会社との関係が悪化するようなことがあれば、収益が減少する可能性が非常に高いといえます。

媒介契約書をよく確認する

管理会社とのトラブルを防止するためには、契約書が非常に大切です。契約を行う上では、まず媒介契約書を交わすことになりますので、内容をよく確認することにより無用なトラブルを避けることができるでしょう。
特に注意しなければならないのが「仲介手数料」の部分。賃貸の仲介においては、宅地建物取引業者が受け取れる報酬は賃料の1ヶ月分(+消費税)と定められていますので、よく確認しておくことが必要です。
自分自身で契約書を作成することにより、後々トラブルになるような契約を結ぶことを防止することもできます。

好かれる大家さんとは

管理会社と良好な関係を築くためには、管理会社の業務についてまず理解すること。そのためには、管理会社の勉強会に参加してみるのがおすすめです。
また、すべて管理会社に任せっきりにするのではなく、大家自らも動いてみるのも良いでしょう。一緒に賃貸経営を行っていくパートナーという認識を持って行動してみてはいかがでしょうか。

札幌市の入居率・家賃回収率が高い賃貸管理会社3選

入居率 コムズ 札幌オーナーズ 三光不動産
問合せ


入居率 97%以上 95%以上 96.20%
家賃
回収率
99.9%以上 99%以上 99.50%
年間
契約数
900強 記載なし 記載なし
専属担当者
有無
○ 記載なし 記載なし
リフォーム
相談
○ ○ ○
未納賃料
保証
○※1 要問合せ 要問合せ
証明書の
代理発行
○ 記載なし ○
24h体制 ○ ○ ○
定期巡回 ○ ○ ○
入退去時
立会い
○ ○ ○
クレーム
対応
○ ○ 記載なし
内装補修 ○ ○ ○
家賃管理 ○ ○ ○

※2020年10月5日時点での調査内容
※選定基準:2020年10月5日時点で入居率・家賃回収率を公式HPに記載している札幌市の賃貸管理会社から、対応サービスが多い順に3社をピックアップ。
※1 オーナーが希望する場合(2020年10月 電話調査より)