公開日: |最終更新日時:

賃貸で起きた孤独死や自殺の対処法

自分が管理している物件で孤独死や自殺が起きた場合の対処について紹介。物件の管理人としてどのような対応が求められるのかをあらかじめ知っておきましょう。

管理物件で孤独死・自殺が発生したら

自身が所有している物件で孤独死や自殺が発生した場合には、下記のような流れで対応を行います。

  • 周囲から連絡が入った場合には早急に確認
  • 住人の家族に連絡をして駆けつけてもらう
  • 警察に連絡し、身元確認等の調査を行う
  • 原状回復・損害賠償などについて遺族と話し合いを行う

連絡が入った場合には早急に確認する必要がありますが、部屋を勝手に開けことはできないため、家族や警察に相談して鍵を開けてもらうことになります。さらに、孤独死・自殺の場合には警察の捜査が入ります。

このように、賃貸物件の管理人が行うべき対応はさまざまなものがあります。高齢化が住んでいる現代では特に、孤独死が起きる可能性はゼロではありませんので、対応方法について知っておく必要があるといえるでしょう。

借主の死は周囲に与える影響も大

入居者が自殺や孤独死でなくなった場合には、周囲に与える影響も大きなものとなります。
そのため、あらかじめどのような影響を与えるのかを理解した上で適切に対応する必要があるといえるでしょう。

近隣からの苦情にすぐ対応

孤独死や自殺が発生して、時間が経過すると悪臭や害虫による影響が発生するケースが多くなっています。隣の部屋だけではなく、下の階まで影響を与えてしまうことになります。
そのため、近隣や入居者からの苦情が入った場合には、すぐに確認を行ってさらに被害が広がるのを防ぐ必要があると言えます。
この対応を先延ばしにしてしまった場合には、管理人に問題があったということで、被害を受けた入居者の引越し費用やクリーニングの費用を負担することになる可能性もあります。

特殊清掃は急いで行う

また、孤独死や自殺による悪臭などが発生した場合には、特殊清掃を行って臭いや汚れを除去する必要があります。
この場合は遺族や連帯保証人による特殊清掃または清掃業者による清掃が行われます。しかし、場合によってはすぐに手配ができない場合もありますが、すぐに対応しないとやはり被害が広がることになるため、管理人自らが対応することになることもあります。
このように、周囲への被害をできる限り抑えられるように対応することが、管理人にとって求められる部分となります。

また、このようなケースが起きた場合には管理会社へ連絡して対応を相談することも必要になってくるでしょう。どう対応していいかわからない場合には、まず管理会社へ相談してみてください。

札幌市の入居率・家賃回収率が高い賃貸管理会社3選

入居率 コムズ 札幌オーナーズ 三光不動産
問合せ


入居率 97%以上 95%以上 96.20%
家賃
回収率
99.9%以上 99%以上 99.50%
年間
契約数
900強 記載なし 記載なし
専属担当者
有無
○ 記載なし 記載なし
リフォーム
相談
○ ○ ○
未納賃料
保証
○※1 要問合せ 要問合せ
証明書の
代理発行
○ 記載なし ○
24h体制 ○ ○ ○
定期巡回 ○ ○ ○
入退去時
立会い
○ ○ ○
クレーム
対応
○ ○ 記載なし
内装補修 ○ ○ ○
家賃管理 ○ ○ ○

※2020年10月5日時点での調査内容
※選定基準:2020年10月5日時点で入居率・家賃回収率を公式HPに記載している札幌市の賃貸管理会社から、対応サービスが多い順に3社をピックアップ。
※1 オーナーが希望する場合(2020年10月 電話調査より)

入居率・家賃回収率をチェック!札幌市のおすすめ賃貸管理会社3選