公開日: |最終更新日時:

賃貸管理会社の一括借り上げとは

賃貸経営を行う上では、一括借り上げというサービスも知っておきたいもの。このページでは、一括借り上げについてメリットやデメリットまで含めて紹介していますので、賃貸経営を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

一括借り上げとは?サブリースと何が違う?

賃貸管理会社が、対象の物件のオーナーから建物丸ごとを刈り上げる契約方式のことを言います。そのため、オーナーからすると賃貸管理会社が貸借人となります。
この場合、賃貸管理会社は一括借り上げをした物件への入居希望者を募集し、入居契約を結んだ人にその物件を貸すといった形になります。
サブリースとの違いがわかりにくいと感じる方もいるかもしれません。サブリースは、「オーナーから借り受けた物件を入居希望者に貸す」ということを指しています。すなわち、サブリースは先に対象となる物件を一括借り上げする必要があります。
このことから、一括借り上げを行うことを「マスターリース」と呼ぶこともあります。
一括借り上げは、「賃貸管理会社とオーナー間での賃貸借契約」であり、対してサブリースは「賃貸管理会社と入居者が結ぶ契約」ということになります。

一括借り上げのメリット

一括借り上げを行なった場合には、空室リスクを軽減できる点が大きなメリットです。これは、対象となる物件を一括刈り上げした賃貸管理会社がオーナーに対して賃料を支払うためです。
さらに、物件の管理も賃貸管理会社が行うことになるため、オーナーは物件の管理を行う手間が省けます。例えば、入居者募集から建物のメンテナンス、家賃の回収、待機時の立会いなど。これらの管理業務については、賃貸管理会社が行うことになります。

一括借り上げのデメリット

さまざまなメリットがある反面、デメリットについてもおさえておきましょう。
まず、物件の賃料が丸々オーナーに入るわけではない、という点が挙げられます。一般的に、賃料の10〜15%程度を管理会社に支払う必要があります(手数料率は管理会社により異なるため、確認が必要です)。
さらに、不動産の賃料値下げのリスクもあります。例えば建物が劣化した場合には、入居者がなかなか集まらなくなることもあり、賃料を下げる場合もあります。賃料が下がればその分オーナーの収入も減ることがあります。
このようなデメリットもありますので、一括借り上げを検討する場合にはメリット・デメリット両面を知った上で検討する必要があるといえるでしょう。

札幌市の入居率・家賃回収率が高い賃貸管理会社3選

入居率 コムズ 札幌オーナーズ 三光不動産
問合せ


入居率 97%以上 95%以上 96.20%
家賃
回収率
99.9%以上 99%以上 99.50%
年間
契約数
900強 記載なし 記載なし
専属担当者
有無
○ 記載なし 記載なし
リフォーム
相談
○ ○ ○
未納賃料
保証
○※1 要問合せ 要問合せ
証明書の
代理発行
○ 記載なし ○
24h体制 ○ ○ ○
定期巡回 ○ ○ ○
入退去時
立会い
○ ○ ○
クレーム
対応
○ ○ 記載なし
内装補修 ○ ○ ○
家賃管理 ○ ○ ○

※2020年10月5日時点での調査内容
※選定基準:2020年10月5日時点で入居率・家賃回収率を公式HPに記載している札幌市の賃貸管理会社から、対応サービスが多い順に3社をピックアップ。
※1 オーナーが希望する場合(2020年10月 電話調査より)

入居率・家賃回収率をチェック!札幌市のおすすめ賃貸管理会社3選