公開日: |最終更新日時:

騒音トラブルは賃貸管理会社に一任する

賃貸経営において入居者のトラブルは避けて通れないものです。中でも多いのが騒音トラブル。この記事では、騒音問題の対処方法について紹介します。

騒音で困っている入居者は多い?

賃貸経営を行う中では、住民同士のトラブルは避けて通れません。入居者から多く入るクレームの中でも騒音被害に関するものは非常に多い傾向があります。
特にマンションやアパートについては騒音被害が起こりやすいもの。壁の薄さによりますが隣の部屋からの生活音が漏れ聞こえることによって、住民同士のトラブルが起こってしまう場合も。トラブルの放置により、入居者が退去してしまう可能性もゼロではないため、貸主としては放置できる問題ではありません。

しかし、騒音トラブルは非常に扱いが難しいトラブルでもあります。それは、どの程度の音を騒音として感じるかは人によって差があるためです。そのため、都道府県や市では騒音の基準を「40〜60デシベル」と定めており、この数値を超えた場合に騒音としてみなされることになります。

大家には問題を解決する義務がある

騒音問題が起きた場合には、大家または賃貸管理会社が解決する必要があります。大家は入居者が居住するのに適した条件で物件を賃貸する義務があるためです。もし、クレームを放置してしまった場合は、その義務を放置しているという子ことで債務不履行として訴えられる可能性もあります。
ただし、騒音トラブルは前述の通り扱いが難しいため、慎重に対応を行いましょう。

騒音トラブルの対処法

騒音トラブルが発生した場合には、下記の流れで対応していきます。

事前調査

騒音のトラブルというと、隣の部屋からの騒音というイメージを持ちがちですが、実は上の階からの音が反響している可能性もあります。そのため、まず注意をする前に入念に調査を行う必要があるでしょう。
どこから音がするかを確認するためには、音が聞こえてくる方向や時間帯などを細かく記録してもらいます。また、他の部屋では同じように騒音の被害を受けていないかを確認しておく必要があります。

全体への注意喚起

騒音に対する調査を行ったら、ピンポイントで注意をするのではなく、掲示板などで注意喚起を行いましょう。騒音に対するクレームが発生している点を周知することによって、自主的な改善を促す目的です。

該当する住人へ注意をする

全体への注意喚起を行っても効果がなかった場合には、騒音の原因となっている住人に直接注意を行います。
この時のポイントとしては、事前調査の記録をもとに苦情が来ているという点を話すこと。その上で音に注意してもらうように話しましょう。
ここまでしても話を聞かない、騒音が改善されない場合には連帯保証人に連絡を行い、注意してもらいます。

再三の注意に応じなかった時の対処法とは?

再三注意しても応じない場合には、賃貸借契約の解除という方法もあります。
これは、多くの賃貸借契約書には騒音に関する禁止事項が含まれていることが多く、さらに近隣への迷惑行為をしないようにする「用法遵守義務」にも違反していることから、賃貸借契約解除という選択肢も考えられます。
ただし賃貸借契約解除は、契約主との信頼関係を破壊したと認める場合のみとなっているため、直ちに契約を解除することは難しいと考えておく必要があります。

このように騒音トラブルは非常に対応が難しいもの。こういったケースは賃貸管理会社に一任するのがおすすめです。

札幌市の入居率・家賃回収率が高い賃貸管理会社3選

入居率 コムズ 札幌オーナーズ 三光不動産
問合せ


入居率 97%以上 95%以上 96.20%
家賃
回収率
99.9%以上 99%以上 99.50%
年間
契約数
900強 記載なし 記載なし
専属担当者
有無
○ 記載なし 記載なし
リフォーム
相談
○ ○ ○
未納賃料
保証
○※1 要問合せ 要問合せ
証明書の
代理発行
○ 記載なし ○
24h体制 ○ ○ ○
定期巡回 ○ ○ ○
入退去時
立会い
○ ○ ○
クレーム
対応
○ ○ 記載なし
内装補修 ○ ○ ○
家賃管理 ○ ○ ○

※2020年10月5日時点での調査内容
※選定基準:2020年10月5日時点で入居率・家賃回収率を公式HPに記載している札幌市の賃貸管理会社から、対応サービスが多い順に3社をピックアップ。
※1 オーナーが希望する場合(2020年10月 電話調査より)

入居率・家賃回収率をチェック!札幌市のおすすめ賃貸管理会社3選