公開日: |最終更新日時:

賃貸経営の空室率対策のためにできること

賃貸経営を成功させるためには、どれだけ空室率を下げるかという点が非常に重要になってきます。このページでは空室率を下げるための対策について紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

これを実践するだけで空室率大幅ダウン!やっておくべき対策法

空室率を下げるには、さまざまな対策が考えられます。空室が続いて悩んでいる、空室を作りたくない…と考えているオーナーの方は、下記の対策を検討してみてはいかがでしょうか。

家具・家電付きの物件に

特にはじめて一人暮らしを始めるという人にアピールできるのが、「家具・家電付き物件」。こういった物件であれば、引越しをする場合の初期費用を抑えることができるため、注目してもらうことができるでしょう。
実際に家具や家電を揃えるためにはかなりの金額が必要になってきますから、生活するのに必要なものが揃っているのであれば初期費用をできるだけ抑えておきたいと考える人が興味を持ってくれるはずです。

家賃は相場を参考に

空室の原因の一つが「家賃の高さ」と言われています。特に相場よりも家賃が高い場合には、他の条件が良かったとしても避けられる傾向がありますので注意しておきたいところです。
この時にどう相場を調べれば良いかというと、例えばインターネットでも周辺の賃貸物件の賃料を確認してみることができます。また、管理を賃貸管理会社に委託する場合には、管理会社に相談してみることでアドバイスを受けられるはずです。

フリーレント期間の活用

無料で部屋を貸し出す期間を作る「フリーレント期間」を設けるのも1つの方法といえるでしょう。一定期間賃料が無料になるため、気になっているけれど住み心地が気になる、という人にアピールできます。
フリーレント期間は賃料を得られませんが、その代わりに物件が気に入ってもらえれば入居してもらえる可能性を高めることができる点がメリットです。

外国人入居者の受け入れ

特に近年は外国人留学生の数が増加しています。そのため、外国人を積極的に受け入れる体制を整えることで空室リスクの対策が可能です。
ただし、文化やマナーに関して入居前にしっかりと説明しておくことが大切。近隣トラブルが起きる可能性もゼロではありませんので、管理会社と話し合って対応してもらうようにしておくと安心です。

札幌市の入居率・家賃回収率が高い賃貸管理会社3選

入居率 コムズ 札幌オーナーズ 三光不動産
問合せ


入居率 97%以上 95%以上 96.20%
家賃
回収率
99.9%以上 99%以上 99.50%
年間
契約数
900強 記載なし 記載なし
専属担当者
有無
○ 記載なし 記載なし
リフォーム
相談
○ ○ ○
未納賃料
保証
○※1 要問合せ 要問合せ
証明書の
代理発行
○ 記載なし ○
24h体制 ○ ○ ○
定期巡回 ○ ○ ○
入退去時
立会い
○ ○ ○
クレーム
対応
○ ○ 記載なし
内装補修 ○ ○ ○
家賃管理 ○ ○ ○

※2020年10月5日時点での調査内容
※選定基準:2020年10月5日時点で入居率・家賃回収率を公式HPに記載している札幌市の賃貸管理会社から、対応サービスが多い順に3社をピックアップ。
※1 オーナーが希望する場合(2020年10月 電話調査より)

入居率・家賃回収率をチェック!札幌市のおすすめ賃貸管理会社3選