公開日: |最終更新日時:

よくあるトラブル事例をチェック

賃貸でのトラブルというと、入居者とのトラブルというイメージを持ちがちですが、中には管理会社とのトラブルが起きるケースもあります。ここでは、気をつけておきたいトラブルとその事例、口コミについて紹介します。

気をつけるべき、あるあるトラブル

ここでは、あらかじめ注意しておきたいトラブル例をご紹介していきます。

覚えのない費用の請求

契約外の費用を請求される、というトラブルが起きることがあります。突然なんらかの請求を受けたため契約書を確認したところそのような項目は一切なく、抗議したところ契約を解除されたという事例も。

原状回復の遅れ

これまで入居していた人が退去した後は、管理会社によって原状回復を行い、新たな入居者の募集を行うという契約を締結している場合に、作業が遅れるというトラブルもあります。例えば契約書上は「退去後1ヶ月程度で原状回復し、次の入居が可能な状態にする」という内容の契約を結んでいたにもかかわらず、管理会社での作業が行われないという例です。
この場合、次の希望者がなかなか入居できないという状況が続くわけですから、入居率も下がり収入にも影響してきます。

家賃に関するトラブル

入居者に対する家賃の回収や、滞納した家賃の督促なども管理会社で行うことになりますが、なかなか回収が進まず、収入が得られないというケースも考えられます。家賃の滞納は大きな問題になりますので、早めに対応してもらいたいもの。しかし、管理会社の方で対応ができず、そのまま滞納状態が続いてしまうと、やはりオーナーの収入に影響してくることになります。
また、管理会社が勝手に家賃を下げて入居者と契約をしてしまった、という事例もあるようです。

実際のトラブル事例、オーナーの声

  • 「管理をしてもらっていたのですが、会社の業績がおもわしくないようで、オーナーへの家賃振込が急に行われなくなりました。状況を聞いても、納得の行く説明もなく、遅れた家賃の回収(振込)に凄く時間がかかりました。翌月の振込も遅れるようになり、あわてて管理会社を変更しました。敷金を管理してもらっていたのですが、管理会社変更後、すぐに返金してもらえませんでした。何度も何度も督促を行い、管理会社変更後、一ヶ月後に全ての敷金を回収するに至りました。」
  • 「購入直後は賃料も高く、入居者も数年いたが、退去されてからの次の入居者がなかなか決まらないことが多く、家賃収入のない場合があった。入居者の募集獲得に不満。また、賃料の値下げが数年後にあり、利益も圧迫した。さらに売却の相談をしたところ、不親切な対応で憤慨した。さらに購入時の担当者が退職してから担当者もいなくなり信頼できなかった。その後倒産し、管理会社を変えた。」

札幌市の入居率・家賃回収率が高い賃貸管理会社3選

入居率 コムズ 札幌オーナーズ 三光不動産
問合せ


入居率 97%以上 95%以上 96.20%
家賃
回収率
99.9%以上 99%以上 99.50%
年間
契約数
900強 記載なし 記載なし
専属担当者
有無
○ 記載なし 記載なし
リフォーム
相談
○ ○ ○
未納賃料
保証
○※1 要問合せ 要問合せ
証明書の
代理発行
○ 記載なし ○
24h体制 ○ ○ ○
定期巡回 ○ ○ ○
入退去時
立会い
○ ○ ○
クレーム
対応
○ ○ 記載なし
内装補修 ○ ○ ○
家賃管理 ○ ○ ○

※2020年10月5日時点での調査内容
※選定基準:2020年10月5日時点で入居率・家賃回収率を公式HPに記載している札幌市の賃貸管理会社から、対応サービスが多い順に3社をピックアップ。
※1 オーナーが希望する場合(2020年10月 電話調査より)